『古布が好き』

昔の手仕事に癒されながら・・・

Entries

甦って・・・

20121019-1_20121116163959.jpg

先日、白州の骨董市で手に入れたこの籠

納屋の隅にでも置かれていたのか

形は崩れ、まっ白

歴史が感じられる

縫うことをチョット休んでいるうちに少し綺麗にしてあげよう

と、思っているうち、仕上げてしまいました

20121116-1.jpg      20121116-2.jpg

ひと晩お水に浸けて、たわしで洗い

中に型を詰めて成形し、よーく乾かして・・・

この色、この色

ながーい年月が作った色

酒袋で手を付けて

中袋は男物の木綿の紋付きを・・・



最近は、新しい山葡萄の籠に興味がなくなってしまった私。。。。。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

薄汚れてた籠がよく洗ったらこんなに綺麗な色になったのですか?

超高価なのに、最近の山葡萄のカゴはこんなに丁寧な編み方じゃないですよね。
骨董品って、目利きの人に落ち着くものなんですね

山葡萄の籠が欲しくて、でもものすごく高くて手が出ないです。
  • posted by ちがや 
  • URL 
  • 2012.11/16 20:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

Hami様
ブラボ〜!素晴らしい〜の一言です。
親分大絶賛で〜す。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
本当にこの色この色なんですよね〜。
昔のものって、ちょっと手を加えると、
いい味が出るんですよね。
さすがです。(親分)
  • posted by 匠親分 
  • URL 
  • 2012.11/16 21:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

私もブラボー!! すごい~
目利きがいいのですよね
きれいによみがえった籠 
次は持ってお出かけスタイルまってまぁ~~す♪

  • posted by majyo 
  • URL 
  • 2012.11/16 21:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ちがや様
はじめまして! でしょうか
山葡萄の籠、本当にお高いですよね
自分の作品展では新しい山葡萄のツルで
ブローチを作って出すので山へツルを取りに行きます
一年の内の短い期間しか取れないし、編むまでのいろいろな手間を学ぶと
仕方がないのかなと納得します
三代持てるという山葡萄の籠は、持つほどに味が出て、この籠も多分
大正時代か昭和の初めごろの物だと思います
是非いつか手に入れて、持つほどに・・・
を実感した戴きたいと思います
  • posted by Hami 
  • URL 
  • 2012.11/16 21:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

匠親分様
成形にも時間をかけて仕上げてみました
素敵な色が出てきて感激!!
いつか実物を見て頂きたいと思います
素敵な出会いに感謝です
  • posted by Hami 
  • URL 
  • 2012.11/16 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

majyo様
本人もブラボー!!です
良い色ですよね
素敵な出会いでした
大切にしようと思います
  • posted by Hami 
  • URL 
  • 2012.11/16 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ちょっとショックなくらいすてきに生まれ変わりましたね。
以前の写真見てどういうふうになるんだろうと変身後の写真を楽しみにしていましたが、
ガ~~~ンとやられたって感じ。すごいきれいな籠です。
  • posted by りのりの 
  • URL 
  • 2012.11/16 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

りのりの様
「呼んでる」
そんな出会いでした
来年、この籠に合う洋服を作ってお出掛けしたいです(デザイン済)
今日はみっちゃんと雨が落ちる前に大和の骨董市へ
帰りに鎌倉のちょっと気になる作家さんに会いに。
紅葉もいいかな。。。。。
  • posted by Hami 
  • URL 
  • 2012.11/17 04:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お久しぶりです。
チョットどきどきしながら、やって来ました。

なんとも言えず素敵な籠、存在感があるのに
ずっとそこにあったみたいなさり気なさ。
何度も写真をクリックしています。

持ち手も中袋の色も、ほんと素敵。
またまた次を楽しみにしてます。

NoTitle 

わぁお~~!信じられへん~
あのくたびれた籠がこんな素敵な飴色に蘇るなんて・・・惚れ惚れします。
これも山葡萄を熟知してるからこそ先見の目があるんでしょうね。

私も以前、古い竹籠に刺子布を付けてバッグをつくったことがあるんだけど、針で突いて血だらけになったことがあります(;>_<;)

酒袋の取っ手と中袋付けるの大変やったやろな~ってお察ししています。。
  • posted by 縫姫 
  • URL 
  • 2012.11/17 12:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ハンナ様
大変なお褒めを頂いて、籠様もさぞかし喜んでいると思います
私の力ではなくて、昔の人の手仕事がステキです
今日も鎌倉まで材料を探しに行ってきました
いい出会いがありました
少しずつご紹介しますね
また遊びに来て下さい
  • posted by Hami 
  • URL 
  • 2012.11/17 19:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

縫姫様
使っているうちにもっと素敵になると思います
それを楽しみに大切にします
早く仕上げたくて夢中で縫いました
右手の中指は穴だらけです
でも、楽しくて。。。。。
  • posted by Hami 
  • URL 
  • 2012.11/17 19:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

<%name>

Hami
「古布が好き」
特に木綿や麻が好き
特に藍染が好き
特に襤褸が好き
シンプルに、大切に縫っています

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR